マグロまつり

高校生が解体 来月3日、大月でイベント /高知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大月町産の養殖本マグロをPRしようと、大月町弘見の町総合グラウンドで、11月3日、「マグロまつりin大月町産業祭」が開かれる。

 午前9時半から、地元産の新鮮な海産物や農産品の販売を開始。10時20分から、県立高知海洋高の「ツナガール」による本マグロ解体ショーがある。1杯200円の特別価格でマグロ丼…

この記事は有料記事です。

残り153文字(全文303文字)

あわせて読みたい

注目の特集