メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

イランのアフガン難民派兵 国際社会にも解決の責任=田中龍士(特別報道グループ)

 イランが、自国に住むアフガニスタン難民をシリアの戦場に派兵している実態を9月19日朝刊で報じ、同日~23日、社会の底辺で差別や生活に苦しむ難民の姿を、連載「流浪の果てに」で描いた。私はこのテーマをテヘラン特派員時代も含めて約2年半追い、派兵へのイランの組織的関与を突き止めた。本来保護すべき難民を派兵しているイランへの怒りは当然ある。ただ、国際社会の責任も指摘しないわけにはいかない。

この記事は有料記事です。

残り1858文字(全文2051文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 菅首相「最終的には生活保護」 新型コロナでの困窮者支援で持論、野党から批判

  5. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです