メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

共産党大会座談会

朱建栄氏

 中国共産党は18~24日に党大会を開き、習近平総書記(国家主席)が毛沢東、トウ小平という2人の歴史的指導者に並ぶ権威を得た。25日の第19期中央委員会第1回総会(1中全会)で、習体制2期目の指導部が発足した。新指導部の布陣からうかがえる習氏の意図や国内外の課題について、中国事情に詳しい朱建栄・東洋学園大教授、大西康雄・日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所上席主任調査研究員、金野純・学習院女子大准教授に聞いた。【司会は外信部長・小倉孝保、写真・太田康男】

この記事は有料記事です。

残り5917文字(全文6150文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  2. ヤフー、最大39万件のID誤登録 氏名、住所、電話番号など別の利用者に

  3. 新型コロナ 新たに65人が感染 所沢の病院で4人死亡 /埼玉

  4. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  5. 川崎の駐車場で露出 公然わいせつ容疑で港区議逮捕 否認「右手で隠していた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです