急性白血病

根治へ一歩 マウスで8割 ヒトに応用へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 急性骨髄性白血病(AML)の根治につながる治療法を開発したと、理化学研究所の石川文彦グループディレクターらの研究グループが25日付の米科学誌に発表した。患者の細胞を組み込んだマウス実験で約8割が根治したという。今後、ヒトへの応用のための研究を進める。

 AMLは、複数の遺伝子異常で起こる血液のがん。研究グループはAMLを再現したマウスの遺伝子を解析。「FLT3」という遺伝子の異常が白血病細胞をつく…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

あわせて読みたい

注目の特集