メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18歳のリスク

デート商法 「好き」につけ込まれ被害

 相手の恋(れん)愛(あい)感情につけ込(こ)んで、不動産投資や物品の購(こう)入(にゅう)を迫(せま)る悪質な「デート商法」。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などを入り口に、若者が狙(ねら)われるケースが少なくない。

 ある20代女性は、SNSの掲(けい)示(じ)板(ばん)で知り合った男性とメールのやりとりで親しくなり、会うことになった。男性は「かっこいいイケメン」で、宝石をデザインする仕事をしているという。会話の中で「僕(ぼく)の職場を見て」と誘(さそ)われ、一(いっ)緒(しょ)に宝石店に向かった。

 「どれが好き?」と聞かれたので指輪を指すと、90万円だという。「大事な人には、僕がデザインした指輪…

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文894文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

  2. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  3. ことば AYA世代

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです