メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

出生届、残る婚外子差別 中央学院大学の大村芳昭教授(国際家族法)の話

出生届用紙には子の名前の隣に「嫡出子」か「嫡出子でない子」か記す欄が設けられている

意識、固定化しかねず

 欧米とその植民地だった国の多くは、出生、結婚、死亡の事実を国家が把握する形式。日本の戸籍のように、家族を単位とし、親子・きょうだい関係まで記載して先祖をたどれる国は珍しい。戸籍はまぎれもなく、明治時代の家制度の概念に基づくものと言える。

 今回の要望は、自治体で戸籍事務にあたる人…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文329文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  3. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  4. 大阪で629人が新たに感染 過去3番目の多さ 新型コロナ

  5. 感染拡大「行政の責任が重い」40% ワクチン「期待」72% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです