東日本大震災

福島第1原発事故 避難者退去求め提訴 独法、8世帯に対し 山形地裁支部

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力福島第1原発事故で山形県米沢市に自主避難した8世帯が、住宅の無償提供を打ち切られた3月末以降も退去しないとして、住宅を所有する独立行政法人(独法)は住宅の明け渡しと未払い賃料の支払いを求め、山形地裁米沢支部に提訴した。9月25日付で、8世帯の代表を務める武田徹さん(76)は「望んで福島から…

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文365文字)

あわせて読みたい

注目の特集