メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道

野生鳥獣による農林水産被害46億円 前年下回る

 昨年度の野生鳥獣による北海道内の農林水産業の被害が46億7500万円に上ったことが道のまとめで分かった。エゾシカの生息数減少などに伴い、前年度を4億1200万円下回った。地域別では釧路管内が12億9200万円で最も多かった。

 全体の8割がエゾシカによる農林業被害で、39億1700万円に上った。一番多い被害は牧草で20億5000万円。ビートの2億8600万円、水稲の2億…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  4. 東京都立高入試、過去最低の平均応募倍率 進む二極化
  5. はやぶさ2 「まさか」科学的に意外だったリュウグウの姿

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです