北海道

野生鳥獣による農林水産被害46億円 前年下回る

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 昨年度の野生鳥獣による北海道内の農林水産業の被害が46億7500万円に上ったことが道のまとめで分かった。エゾシカの生息数減少などに伴い、前年度を4億1200万円下回った。地域別では釧路管内が12億9200万円で最も多かった。

 全体の8割がエゾシカによる農林業被害で、39億1700万円に上った。一番多い被害は牧草で20億5000万円。ビートの2億8600万円、水稲の2億…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

あわせて読みたい

ニュース特集