天王寺公園

鷹の「粋」 「てんしば」ハトから守ります

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 天王寺公園(大阪市天王寺区)で冬用にまいた芝生の種をハトなどから守ろうと、公園を管理する近鉄不動産がタカを使って追い払う作戦に乗り出した。26日朝、鷹匠(たかじょう)の安井寛さん(46)がハリスホークの雄「粋(すい)」を放つと、芝生広場の上空を悠然と飛び回った。

 同社が9月下旬から試験的に始めた。日本一高い…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文388文字)

あわせて読みたい

ニュース特集