メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天王寺公園

鷹の「粋」 「てんしば」ハトから守ります

 天王寺公園(大阪市天王寺区)で冬用にまいた芝生の種をハトなどから守ろうと、公園を管理する近鉄不動産がタカを使って追い払う作戦に乗り出した。26日朝、鷹匠(たかじょう)の安井寛さん(46)がハリスホークの雄「粋(すい)」を放つと、芝生広場の上空を悠然と飛び回った。

 同社が9月下旬から試験的に始めた。日本一高い…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文388文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 自宅療養中コロナ死21人 7人は入院先決まらず待機中 症状急に悪化

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです