メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民進党籍無所属

新会派を結成へ 岡田氏が代表

会合に臨む無所属で当選した民進党の岡田克也元代表(左端)、野田佳彦前首相(右から2人目)ら=東京都千代田区の衆院第1議員会館で2017年10月25日午後5時6分、川田雅浩撮影

 民進党の党籍を残したまま無所属で当選した衆院議員が25日、国会内で会合を開き、衆院会派「無所属の会」の結成を確認した。岡田克也元代表が会派代表に就く。岡田氏は記者団に「立憲民主党、希望の党との結節点になると考えている。参院民進党としっかり連携を取る」と語った。

     民進党籍を残す無所属の当選者は18人。岡田氏によると、前原誠司代表を除く17人と、山尾志桜里氏の計18人に参加を呼びかけた。26日の衆院への届け出まで参加者を募る。立憲が民進再結集を否定しており、立憲との統一会派結成は当面見送る。岡田氏は前原氏について「非常にご苦労されたと思う」とだけ話した。

     会派参加者は岡田、野田佳彦、江田憲司、安住淳、原口一博、平野博文、中川正春、篠原孝、福田昭夫、広田一の10氏。会合に出席した重徳和彦氏は会派参加を保留した。【真野敏幸】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
    2. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
    3. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
    4. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
    5. 新潮45 杉田氏擁護特集 社長「常識を逸脱」 明確な謝罪なし

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです