クルド

住民投票結果「凍結」 イラクに対話呼びかけ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【カイロ篠田航一】イラク北部のクルド自治政府は、イラクからの独立賛成が9割を占めた9月の住民投票結果について「凍結」すると声明を出した。クルドのメディアが25日伝えた。住民投票強行に反発するイラク中央政府との緊張激化を受け、クルド側が譲歩した格好で、中央政府に対話を呼びかけている。

 投票実施後、中央政府は報復として自治区内の国際線発着停止などの経済制裁を発動。今月にはイラク軍を展開させ、自治政府が実効支配していた油田都市キルクークを掌握するなど軍事的にも強硬な措置に出ていた。自治区との境界では小規模な…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文636文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集