メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

政策実行力を重視 習体制2期目、側近で固め

 【北京・河津啓介、林哲平】中国共産党の習近平総書記(64)=国家主席=は25日に始動した2期目の指導部を、自らに近く実務面で信頼できる人材で固めた。習氏は記者会見で、「新たな目標、任務を着実に実現しなければならない」と強調。2021年に党創設100年を控え、政策実行力を重視したと言えそうだ。

 政治局常務委員の新顔と習氏の関係をみると、栗戦書・党中央弁公庁主任(67)は青年期から親交がある最側近の一人。汪洋・副首相(62)と趙楽際・党中央組織部長(60)は習氏が重視する分野で高い実務能力を発揮し信頼を得たとされる。江沢民、胡錦濤両指導部でブレーンを担ってきた王滬寧・党中央政策研究室主任(62)は習氏の下でも戦略、理論面を担った。韓正・上海市党委書記(63)は江氏の「上海閥」とされるが、習氏の上海時代に部下として働いた経験がある。

 新指導部は、従来の「上海閥」や共産主義青年団(共青団)出身の「団派」のような派閥色は薄れ、習氏が党…

この記事は有料記事です。

残り1097文字(全文1516文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  3. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  4. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  5. ピエール瀧被告に判決 懲役1年6月、執行猶予3年 麻薬取締法違反で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです