特集

藤井聡太 新たな歴史刻む天才

デビューから無敗のまま歴代最多29連勝を記録した藤井聡太。17歳11カ月でタイトルを獲得した「天才」が築く新時代とは。

特集一覧

藤井四段

高校進学へ 「全てのことプラスにする」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
藤井聡太四段
藤井聡太四段

 中学生棋士の藤井聡太四段(15)が、高校へ進学する意向を固めた。日本将棋連盟が25日、発表した。現在通学している中高一貫校の名古屋大教育学部付属中(名古屋市)から同付属高(同)へ進む。

 来年春に義務教育を終える藤井四段が、棋士一本に集中するのかどうか、進路に注目が集まっていた。

 将棋界の中学生棋士は藤井四段が5人目。過去4人(加藤一二三九段、谷川浩司九段、羽生善治棋聖、渡辺明竜王)はいずれも高校に進んだ。

 藤井四段は昨年10月、史上最年少の14歳2カ月で棋士になり、デビュー以来、公式戦で29連勝の新記録を達成した。通算成績は47勝6敗(25日現在、未放映のテレビ棋戦を除く)と好成績を上げている。竜王戦6組、叡王戦四段戦で優勝し、順位戦C級2組では5戦全勝で昇級圏内にいる。

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文553文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集