メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤井四段

高校進学へ 「全てのことプラスにする」

藤井聡太四段

 中学生棋士の藤井聡太四段(15)が、高校へ進学する意向を固めた。日本将棋連盟が25日、発表した。現在通学している中高一貫校の名古屋大教育学部付属中(名古屋市)から同付属高(同)へ進む。

 来年春に義務教育を終える藤井四段が、棋士一本に集中するのかどうか、進路に注目が集まっていた。

 将棋界の中学生棋士は藤井四段が5人目。過去4人(加藤一二三九段、谷川浩司九段、羽生善治棋聖、渡辺明竜王)はいずれも高校に進んだ。

 藤井四段は昨年10月、史上最年少の14歳2カ月で棋士になり、デビュー以来、公式戦で29連勝の新記録を達成した。通算成績は47勝6敗(25日現在、未放映のテレビ棋戦を除く)と好成績を上げている。竜王戦6組、叡王戦四段戦で優勝し、順位戦C級2組では5戦全勝で昇級圏内にいる。

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文553文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅語を考える 国語学者・金田一秀穂さんが読む首相の「姑息な言葉」 すり替えと浅薄、政策にも

  2. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  3. はやぶさ2カプセルを回収 地球帰還、豪砂漠に着地 JAXA発表

  4. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  5. はやぶさ2が地球に持ち帰る「お宝」 回収のシナリオとは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです