メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤井四段

高校進学へ 「全てのことプラスにする」

藤井聡太四段

 中学生棋士の藤井聡太四段(15)が、高校へ進学する意向を固めた。日本将棋連盟が25日、発表した。現在通学している中高一貫校の名古屋大教育学部付属中(名古屋市)から同付属高(同)へ進む。

 来年春に義務教育を終える藤井四段が、棋士一本に集中するのかどうか、進路に注目が集まっていた。

 将棋界の中学生棋士は藤井四段が5人目。過去4人(加藤一二三九段、谷川浩司九段、羽生善治棋聖、渡辺明竜王)はいずれも高校に進んだ。

 藤井四段は昨年10月、史上最年少の14歳2カ月で棋士になり、デビュー以来、公式戦で29連勝の新記録を達成した。通算成績は47勝6敗(25日現在、未放映のテレビ棋戦を除く)と好成績を上げている。竜王戦6組、叡王戦四段戦で優勝し、順位戦C級2組では5戦全勝で昇級圏内にいる。

 藤井四段は「全てのことをプラスにする気持ちでこれからも進んでいきたいです」とコメントを発表した。

 また、日本将棋連盟の佐藤康光会長は「悩み、考え、決断したことは一つの財産。大いなる自信を持って日々邁進(まいしん)してもらいたい」、師匠の杉本昌隆七段は「中高一貫校からの進学は自然な流れで、現時点ではベストの選択と思います。選んだ道を最善手にするのは本人次第。学業と将棋の更なる精進を期待します」とコメントした。【山村英樹】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 五輪フィギュア 羽生「ルッツはしばらくお別れかな」 練習後の一問一答
  2. 大杉漣さん死去 西田敏行さんが、船越英一郎さんが思う「大杉漣さんの優しさ」(スポニチ)
  3. 旧優生保護法 強制不妊、沈黙破る医師 親の思いで「やむを得ず」 手術「これほど多いとは」
  4. 東名事故 なぜ医師の乗用車は中央分離帯を越えたのか
  5. 五輪カーリング 「そだねー」で好感度アップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]