メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

アサド政権、サリン使用 4月の疑惑、安保理調査団が報告

 【ニューヨーク國枝すみれ】シリア北西部イドリブ県で今年4月に起きた化学兵器使用疑惑で、国連安全保障理事会が設置した国連と化学兵器禁止機関(OPCW)による共同調査メカニズム(JIM)は26日、シリアのアサド政権が猛毒の神経ガス、サリンを使用したとする報告書を安保理に提出した。

 4月の使用疑惑では、約90人が死亡したとされ、現場からサリンが検出された。米国は直後にアサド政権による攻撃と断定し、サリン攻撃を実行したシリア…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  4. 転落死 男子中学生が転落死 インフルエンザで療養 広島 /広島

  5. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです