メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界記憶遺産

ユネスコ委、政治的対立を回避 「慰安婦」登録見送り

 【パリ賀有勇】国連教育科学文化機関(ユネスコ)の国際諮問委員会(IAC)が重要な歴史文書などを認定する「世界の記憶」(世界記憶遺産)に関し、IAC関係者は26日、日中韓などの市民団体が申請していた「従軍慰安婦」関連資料について「登録の可否を判断しない」と毎日新聞などに明らかにした。IACは今後、この判断をユネスコのボコバ事務局長に勧告する。事務局長は勧告を追認するのが慣例のため、登録は見送られる公算が大きくなった。

 IAC関係者は登録の可否を判断しない理由を「政治的な対立を避けるためにも、関係国間の対話を求める」と語った。

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文763文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  2. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  3. どうすれば安全安心 登山中のトラブル対処法 道迷ったら動き回らない

  4. 家族で登山の小6男児が行方不明 新潟・上越で下山途中

  5. 女性タレントがサーファー救助のお手柄 警察が感謝状 千葉・一宮海岸

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです