メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

アニメーション作家・鈴木伸一さん トキワ荘の友は宝、輝く笑顔広げたい

「『小池さん』は応援してるけど、藤子不二雄(A)さんらがみけんのしわを描くのが気になって。自分ではしわを描かないようにしてます」=東京都杉並区の杉並アニメーションミュージアムで、和田大典撮影

 なぜか気になる存在だった。人気漫画「オバケのQ太郎」などにさりげなく登場し、もじゃもじゃ頭でメガネをかけ、ラーメンをすすっていたあの人。ラーメン大好き「小池さん」のモデルがこの方だ。著名な漫画家が集った伝説の木造アパート「トキワ荘」(東京都豊島区)で青春を過ごし、日本を代表するアニメーション作家として活躍。アニメを総合的に紹介する初の施設「杉並アニメーションミュージアム」(杉並区)の館長として今、アニメの面白さを伝えようと奔走する。「動かない絵に命を与える。アニメの不思議さや面白さ、楽しさを多くの人に味わってほしくてね」

 中学1年で旧満州(現中国東北部)から引き揚げ、病にふせった母の看病に追われた。ろくに登校もできない…

この記事は有料記事です。

残り1555文字(全文1869文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです