連載

週刊テレビ評

報道やドラマ、バラエティーまで5人の識者がテレビを読み解きます。

連載一覧

週刊テレビ評

「開票特番」より事前の選挙報道へ 判断材料を提供する責任=金平茂紀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 一体この総選挙は何だったのか。結果は自・公の与党圧勝。祭りのあとの光景を人々はどんな思いで見ているのだろうか。虚脱感と諦念に浸りながら眺めている人々がいるかと思うと、わが世の春を謳歌(おうか)している人たちだっているだろう。あるいは全く関心ねえや、という人だっているだろう。どうぞ、ご自由に。何を言ってもあとの祭り。

 テレビの選挙開票特番を僕は沖縄1区の赤嶺政賢候補(共産)の選挙事務所で、当選確実の一報を待ち構える報道陣の一人として、無音のモニター画面(NHKなど4局)で眺めていた。各テレビ局とも、午後8時の投票締め切りと同時に、一斉に獲得議席予測をドカーンと報じた。出口調査や事前分析ではじき出された数字が並ぶ。今や開票特番冒頭の恒例行事だ。

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文1037文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集