メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

平和賞授賞式に被爆者 ICAN、サーローさんら3人

サーロー節子さん

 ノーベル平和賞の受賞が決まった核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の国際運営委員で「ピースボート」共同代表の川崎哲さん(48)が26日、受賞決定後初めて広島市を訪れて記者会見を開き、12月10日にオスロで開かれる平和賞授賞式に被爆者3人が出席することを明らかにした川崎さんは被爆者らとも交流し、喜びを分かち合った。

 川崎さんやICANのホームページによると、授賞式に出席するのは国内在住の被爆者2人とカナダ在住の被…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 奈良・三宅町の森田町長、育児で時短勤務へ

  3. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  4. NATO 宇宙を作戦領域に 兵器配備は否定

  5. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです