地球温暖化

進むと…日本南海上「猛烈な台風」増加 気象研究所など予測 発生数自体は減少へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 地球温暖化が進むと、台風など世界中で発生する熱帯低気圧の数は減るが、日本の南海上を通過する猛烈な台風は増えるとのシミュレーション結果を、気象研究所(茨城県つくば市)などの研究チームが26日発表した。この地域では、海面水温上昇のほか、大気循環が台風を発達させやすい状態になることが原因とみられるという…

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文350文字)

あわせて読みたい

ニュース特集