メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いじめ認知

5085件 前年度比3919件増 「教師がより敏感に」 /青森

 文部科学省が26日に公表した児童・生徒の問題行動調査結果(速報値)で、県内の公立学校が昨年度にいじめと認知した事案は計5085件に上り、前年度より3919件増加したことが分かった。県内では昨年8月に中学生2人がいじめ被害を訴える「遺書」を残して相次いで自殺したが、いずれもいじめと認知されていなかった。県教委は「いじめを積極的に認知することが浸透し、教職員たちがより敏感に子供を見ている結果だ」と分析している。

 調査は今年4~5月に実施。県内公立校のいじめ認知件数は、小学校3759件(前年度比3166件増)▽…

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文909文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 犯人は逃走 大阪・吹田市
  2. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  3. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  4. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  5. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです