メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

南相馬市長選 市議・門馬氏出馬へ 現職に続き表明2人目 /福島

 南相馬市議の門馬和夫氏(63)が26日、任期満了に伴う同市長選(来年1月11日告示、21日投開票)に無所属で立候補する意向を明らかにした。市長選には、現職の桜井勝延氏(61)が3選を目指して出馬する意思を既に表明している。門馬氏は、保守系会派「尚友会」の幹事長を務めている。同日、毎日新聞の取材に対し「原発事故からの復興を加速し、子どもの教育環境改善など長期的視点に立った施策を進めたい」と出馬の理由を語った。もう一つの保守系会派で、市議会最大の「友和会」なども門馬氏を支持する方向で調整している。

この記事は有料記事です。

残り58文字(全文308文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  4. 新型コロナ 北海道・旭川の病院、214人集団感染 永寿病院に並ぶ 他院でも173人

  5. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです