メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外世界のコロナ感染者1億人超え 2カ月半で倍増
千里ニュータウン

マンション老朽化で建て替え 我が家へ惜別の思い 住民ら解体前に感謝祭 /大阪

住民たちが見守る中、お別れのセレモニーとして行われた「棟下式」=大阪府吹田市で(提供写真)

 半世紀を超える歴史を刻んできた千里ニュータウン。老朽化から建て替えが進む。吹田市津雲台3の千里津雲台A分譲住宅マンションも建て替えが決定。12月の解体着手を前に、これまでを振り返る「50年間メモリアル感謝祭」が開かれた。

 4階建て5棟、96戸。1966年に入居を開始したが、建物の経年劣化やエレベーターがないなどの不便さも顕著になり、団地再生に舵(かじ)を切ることに。

 兵庫県西宮市のコンサルティング会社「ゼンクリエイト」などが住民との話し合いを重ね、東京建物と東急不動産が事業協力者として加わった。西宮市の「あつまり暮らすと」社が事務業務を支援する。202戸の10階建て分譲マンションに生まれ変わり、2022年1月に引き渡す予定。

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 東京開催のアーティスティックスイミング五輪予選、4~5月に延期で調整

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです