秋季中国地区高校野球大会

きょう開幕 目指せセンバツ、県勢3校 /鳥取

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 来春のセンバツ高校野球の出場校選考の際に参考資料となる第129回秋季中国地区高校野球大会(中国地区高野連主催)が27日、開幕する。29日までと11月4、5日の計5日間、広島県尾道市と福山市を会場に熱戦が繰り広げられる。県代表として出場するのは米子松蔭、鳥取城北、鳥取商の3校。各校の特徴や意気込みを紹介する。

 ■米子松蔭

 秋季県大会を制した米子松蔭は、今夏の甲子園で登板したエースの辰己主将を筆頭に、南野、坂越両選手ら豊富な投手陣が自慢。守備も堅く、接戦に競り負けないのが強み。辰己主将は「守備からリズムを作り、単打や犠打でつなぐ。自分たちの力を出し切りたい」と意気込む。

 ■鳥取城北

 準優勝の鳥取城北は小刻みに得点を重ねるのが持ち味。長打力のある山田、萱原両選手が打線をけん引する。片山主将は「仲間でサポートし合いながら集中して練習ができ、打率が上がっている。全員で声を掛け合いながらチーム一丸となって優勝を目指したい」と誓った。

 ■鳥取商

 鳥取商は3位決定戦で22点を奪い中国大会に進んだ。主砲の田中主将をはじめ、山下、田渕両選手ら勝負強い打者がそろう。1年の清水投手も急成長しており、田中主将は「攻撃では常に次の塁を狙う。挑戦者の気持ちを忘れず一戦ずつ確実に勝利したい」と気を引き締めている。【阿部絢美】


米子松蔭

部長 岩垣秀二 44

監督 笠尾幸広 46

投 ◎辰己晴野(2)

捕  坂田遥輝(2)

一  佐近響(2)

二  前田真伸(2)

三  安田利哉(1)

遊  波戸佑真(2)

左  中谷拓海(2)

中  土方颯(2)

右  石田並己(2)

補  南野真輝(2)

   宗石彰太(2)

   安田翔也(1)

   矢谷龍城(1)

   池野廉(2)

   坂越隆真(2)

   松田陸斗(1)

   横山大葵(1)

   山口仁也(2)

記  松本凛(2)

鳥取城北

部長 霜村亮 31

監督 山木博之42

投  浦林直哉(2)

捕  塩田祐暉(2)

一  山田椋一(1)

二  藤原颯大(2)

三  福山大晴(2)

遊  萱原誠道(2)

左  吉田修平(2)

中 ◎片山隼(2)

右  垣内丈二(2)

補  野田翔(2)

   西村龍聖(2)

   山下泰輝(2)

   田野島瑛(2)

   清水健吾(2)

   中島佑吏(2)

   河野律樹(1)

   中野響喜(2)

   難波海斗(2)

記  吉本陸人(2)

鳥取商

部長 狩野永治 43

監督 渡辺達郎 46

投  清水響希(1)

捕  山下慎之介(2)

一  田渕雄大(2)

二  伊田聖永(2)

三  徳永真央(2)

遊  井上凌(2)

左  高橋怜玖(1)

中  西田純(2)

右 ◎田中翔馬(2)

補  岡村和真(2)

   小笹和樹(2)

   鍵井怜緒(1)

   平井悠斗(2)

   岡田涼(2)

   森本宥希(2)

   倉光龍暉(2)

   森本剛史(1)

   松本和宏(1)

記  福田明日香(2)


 ◎は主将、洋数字は学年(部長、監督は年齢)、記は記録員

あわせて読みたい