メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政府・与党

臨時国会見送り、特別国会延長も

 菅義偉官房長官は26日、衆院各派協議会と参院議院運営委員会の理事会に出席し、特別国会を11月1日に召集すると伝えた。

 与党は8日までの会期を提案したが、野党は実質的な国会審議の場を設けるよう求め、結論は出なかった。

 政府・与党は野党が要求してきた臨時国会の召集は見送る一方、特別国会の会期を12月上旬まで延長し、首相の所信表明演説や代表質問を行う案も検討している。

 特別国会は召集日の1日に衆参両院本会議で首相指名選挙を行い、第4次安倍内閣が発足する。会期が8日までなら正副議長や常任委員長の選出などで終わり、質疑は行われない。

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 新たに21人の感染確認、1万7306人に 死者12人増、865人 新型コロナ

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです