メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

統治間競争の時代=西川恵

 <kin-gon>

 冷戦時代は体制間競争の時代でもあった。米国が盟主の資本主義体制と、ソ連を盟主とする共産主義体制。約40年間、互いに優位性を競い合ったが、1980年代末から90年代初めにかけて共産主義体制の東欧、ソ連が崩壊して決着した。

 強国路線に踏み出した2期目の中国の習近平・国家主席。いま先進国と中国は統治間競争の時代に入ったと言ってもいいように思う。どちらの統治形態が優れているのかを巡る競争だ。

 先進国は人権・民主主義と市場経済に基づく統治。中国は共産党独裁の下で人権と言論は厳しく統制する一方、経済面では市場経済を導入して自由な経済活動を容認する。ロシアの統治形態も中国型で、先進国VS中露の統治間競争と言ってもいい。

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文1004文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  5. 夜通しパーティーやカラオケ…看護師3人感染 患者2人も 奈良、拡大恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです