メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

東京・日本橋 首都高の地下化構想 景観論議、深める好機=伊藤和史(編集編成局)

上空を首都高に覆われた日本橋=9月24日、伊藤和史撮影

 東京都中央区の日本橋(国重要文化財)をめぐり、上空を覆う首都高速道路の地下埋設を後押しする議論が勢いづいている。国が7月、具体策の検討着手を正式に表明し、東京都も歩調を合わせる。地下化による景観向上への期待は大きいが、深めるべき論点がまだまだあると思う。

 秋の休日、日本橋。下を日本橋川が流れる。好天でもあり、かなりのにぎわいだ。橋のたもとを発着する遊覧船も観光客を満載している。ただ、橋自体は首都高に日をさえぎられ、視覚上も圧迫され、首都高がなければ雰囲気が一変するのは間違いない。

 もっとも「お江戸日本橋、七つだち……」の歌につられ、日本橋といえば江戸のイメージが強いけれど、この橋に立っても江戸文化がしのばれるわけではない。それもやむを得ない話で、肝心の日本橋自体、1911(明治44)年の建造物なのである。

この記事は有料記事です。

残り1667文字(全文2025文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです