メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

JFK暗殺、機密公開 最後の文書、トランプ氏が容認 識者の話

注目は「キューバ」有無 国際ジャーナリスト・春名幹男元名大教授

 オズワルド容疑者はソ連(当時)に居住歴があり、同国の国家保安委員会(KGB)と一定の関係があったとみられる。このため米中央情報局(CIA)が疑ったのがKGBの関与だった。だが、オズワルドは少し変わった男でソ連側も手を焼いていた節がある。KGBが彼を暗殺に使った可能性は低いと思われる。

 マフィアや軍需産業界、ジョンソン副大統領(当時)の関与など陰謀説が浮上したが、根拠に乏しい。大統領…

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1010文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  4. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです