メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ケニア大統領選

再投票 野党連合不参加のまま強行

 【ヨハネスブルク小泉大士】最高裁の判断でやり直しとなったケニア大統領選挙の投票が26日実施された。紆余(うよ)曲折を経て迎えた再投票は6人の争いだが、現職のケニヤッタ大統領(56)以外は、いずれも8月の投票で得票率1%未満の泡沫(ほうまつ)候補。事実上の一騎打ちだった野党連合候補が不参加のまま強行される波乱の展開だ。

 前回次点のオディンガ元首相(72)は不正が行われる疑いがあるとしてボイコットし、支持者に投票へ行か…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  3. 新潟・女児殺害 被告に死刑求刑 新潟地裁

  4. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです