安倍首相

日米豪印で戦略対話 「一帯一路」対抗、設置提案へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相は11月5日に来日するトランプ米大統領に対し、来年にも日本、米国、オーストラリア、インドの4カ国首脳が安全保障や経済成長などを協議する「戦略対話」の設置を提案する方針を固めた。アジア太平洋地域で連携を強化し、中国の習近平国家主席が主導する経済圏構想「一帯一路」に対抗する狙いがある。日米豪印の戦略対話は安倍首…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文403文字)

あわせて読みたい

ニュース特集