介護事業

利益率3.3%に減少 人材不足で人件費増大 17年度・厚労省調査

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省は26日、介護サービス事業ごとに利益率などを調べる介護事業経営実態調査(2017年度)の結果を公表した。利益率は全サービス平均3・3%で、前回調査(14年度)の7・8%から大幅に下がった。一般の民間企業(全体4・1%)より低いが、中小企業の2・6%を上回る水準。

 厚労省は、介護報酬改定で前回15年度がマイナスだ…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文405文字)

あわせて読みたい

注目の特集