日本原燃

部品データ改ざん、遠心分離機に神鋼製 ウラン濃縮工場

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本原燃は26日、青森県六ケ所村のウラン濃縮工場で使用する予定だった整備中の新型遠心分離機に、神戸製鋼の部品が含まれていたことを明らかにした。部品計約3700点について、検査データが改ざんされていたという。遠心分離機は実際には使用されていないが、原燃は安全性に問題がないか今後調査を進める。

 原燃によると、データ改ざんがあった部品…

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文357文字)

あわせて読みたい

注目の特集