メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待機児童

企業負担増、政府検討 3000億円追加

 政府が、待機児童対策として企業に約3000億円の負担を求める検討を始めた。企業主導型保育所整備などのために企業が負担している社会保険の事業主拠出金を増やす。安倍晋三首相が表明した教育無償化・子育て支援の2兆円規模の政策パッケージのひとつだが、負担増を警戒する企業側との調整は難航する可能性もある。

 社会保険の事業主拠出金は、子育て支援を目的に企業が負担しており、企業と従業員が折半する厚生年金保険料などと異なる。集めた拠出金は、児童手当や企業が設置する企業主導型保育所の助成金などに使われている。

 2017年度の拠出金の料率は、従業員の標準報酬の0・23%で、拠出金の総額は約4000億円。料率の…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文714文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  2. クックパッドニュース [裏ワザ]「袋入り味噌」を今すぐきれいに容器に移す方法
  3. 西日本豪雨 親が片付け中に子供預かるボランティアも
  4. サッカー 柴崎岳選手が女優の真野恵里菜さんと結婚
  5. 民泊 解禁1カ月 京都市内、25件増の47件どまり 採算不透明、足踏み /京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]