メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待機児童

企業負担増、政府検討 3000億円追加

 政府が、待機児童対策として企業に約3000億円の負担を求める検討を始めた。企業主導型保育所整備などのために企業が負担している社会保険の事業主拠出金を増やす。安倍晋三首相が表明した教育無償化・子育て支援の2兆円規模の政策パッケージのひとつだが、負担増を警戒する企業側との調整は難航する可能性もある。

 社会保険の事業主拠出金は、子育て支援を目的に企業が負担しており、企業と従業員が折半する厚生年金保険料などと異なる。集めた拠出金は、児童手当や企業が設置する企業主導型保育所の助成金などに使われている。

 2017年度の拠出金の料率は、従業員の標準報酬の0・23%で、拠出金の総額は約4000億円。料率の…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文714文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川・茅ケ崎 90歳運転、6人はねる 女性1人死亡
  2. SNS 性的画像「恋人なら共有」20代1割 注意喚起
  3. 参院予算委 首相、昭恵氏の影響否定 集中審議
  4. 参院予算委 首相、ヤジに気色ばむ 「関与なし」繰り返す
  5. リベンジポルノ 防止法2年 後絶たぬ 支援団体「拡散前相談を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]