メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

「つみたてNISA」特徴は 年間投資枠は40万円だが、非課税期間20年

 2018年から新たな少額投資非課税制度「つみたてNISA」が始まる。NISAや確定拠出年金(DC)など投資の非課税制度は広がるが、初心者は何をどう使えばいいのか戸惑う面もあるだろう。ポイントをみた。

 ●よりハードル低く

 投資の「非課税」とは何か。通常、株式や投資信託の運用で利益(配当・分配金や売却益)があると約20%の税(所得税や住民税など)がかかる。14年に始まったNISAはこれを一定条件下で非課税とした。つまり、利益をまるごと受け取れる「お得」な制度だ。

 現行の一般NISAは、毎年の投資枠120万円、非課税期間5年間に限られている。5年を過ぎると(1)売却(2)課税口座に移す(3)新しい年のNISA口座に移す(ロールオーバー)--のいずれかを選ぶ。投資商品を他商品に切り替える「スイッチング」はできない。

この記事は有料記事です。

残り1765文字(全文2124文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです