衆院選2017

「三都物語」自然消滅も 構想1カ月もたず 小池氏周辺「全く意味なかった」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「三都物語」構想を発表し、握手する(左から)小池百合子東京都知事、大村秀章愛知県知事、松井一郎大阪府知事=大阪市中央区で9月30日、幾島健太郎撮影
「三都物語」構想を発表し、握手する(左から)小池百合子東京都知事、大村秀章愛知県知事、松井一郎大阪府知事=大阪市中央区で9月30日、幾島健太郎撮影

 衆院選で持ち上がった東京、大阪、愛知の3大都市で地方分権を推進する共通構想「三都物語」が、宙に浮いた状態になっている。旗振り役だった東京都の小池百合子知事は、自身が代表を務める希望の党の大敗を受けて都政にまい進する意向を示し、愛知県の大村秀章知事も「認識の違い」を理由に距離を置く。発表から1カ月足らず。小池氏が「メガロポリス合意」と胸を張った構想は頓挫する可能性も出てきた。

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文895文字)

あわせて読みたい