メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

姻族関係終了届の用紙(黒塗り部分は自治体名)=反橋希美撮影

 最近メディアでよく目にする「死後離婚」、どういう意味かご存じだろうか。配偶者との死別後に義理の親族との関係を終わらせる「姻族(いんぞく)関係終了届」の届け出を指す造語だが、この数年で急増している。提出するのは、多くは女性側とみられる。夫の死後も「家」に縛られる女性を解放しようと戦後に創設された制度が、なぜ今注目されているのか。「死後離婚」した当事者らを取材した。【反橋希美】

 「何か重たい荷物を下ろしたみたい」。役所の戸籍係にA4サイズ1枚の書類を提出した瞬間、三重県在住の…

この記事は有料記事です。

残り2423文字(全文2662文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. インスタが「いいね」数非表示に 精神的負担、軽減する狙い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです