特集

ノーベル賞

「世界で最も権威のある賞」といわれるノーベル賞。今年はどんな研究・活動に贈られるでしょうか。

特集一覧

ノーベル賞

平和賞授賞式 サーローさんが演説 被爆者3人出席 ICAN・川崎氏

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 ノーベル平和賞の受賞が決まった核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の国際運営委員で「ピースボート」共同代表の川崎哲さん(48)が26日、受賞決定後初めて広島市を訪れて記者会見を開き、12月10日にオスロで開かれる平和賞授賞式に被爆者3人が出席することを明らかにした。川崎さんは被爆者らとも交流し、喜びを分かち合った。

 川崎さんやICANのホームページによると、授賞式に出席するのは国内在住の被爆者2人とカナダ在住の被爆者、サーロー節子さん(85)で、サーローさんはICANのベアトリス・フィン事務局長と一緒に受賞演説をし、記念メダルを受け取る予定。

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文678文字)

【ノーベル賞】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集