メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏

中国医療麻薬を問題視 米中会談で提起へ

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は26日、米国で社会問題化している医療用麻薬オピオイドの乱用についてホワイトハウスで演説した。「中国で製造された(鎮痛用麻薬)フェンタニルが大量に国内へ流入している」と名指しで批判し、11月の訪中時の首脳会談で「最優先課題として習近平国家主席に提起する」と述べた。北朝鮮対応、貿易に続き麻薬問題が米中間の第三の課題として浮上した。

 ホワイトハウスによると、米国内で2016年の薬物過剰摂取による死者数は6万4000人を超えた。なか…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文590文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  2. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定
  3. スプレー缶「ガス抜きせず」廃棄呼びかけ 事業系に求められる「ガス抜き」
  4. 日産、ルノーがトップ会談か オランダで
  5. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです