メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毒キノコ

新潟県が予防強化期間 食中毒防止呼び掛け

ヒラタケに見た目が似ている食中毒発生率ナンバーワンの毒キノコ「ツキヨタケ」=新潟県提供

 全国2位のキノコ生産量を誇る「キノコ王国」であると同時に、昨年は毒キノコによる食中毒の発生が全国最多だった新潟県。秋が深まりキノコ採りがシーズンを迎えるなか、県は11月15日までを「毒きのこ食中毒予防強化期間」と定め、食中毒防止に注意を呼び掛けている。

 県によると、間違って食べてしまうことの多い毒キノコはツキヨタケ、ドクササコ、クサウラベニタケ。ツキヨタケは見た目がヒラタケに似ており、県内で最も中毒の発生が多い。柄の肉の内部に暗紫色のしみがあるのが特徴で、食べると嘔吐(おうと)や腹痛、激しい下痢に襲われるという。

 一方、ドクササコは傘が茶褐色で、開けば漏斗型になるのがナラタケとそっくり。間違って食べると手足の先が赤く腫れ、激痛が1カ月以上続くと言われるので注意が必要だ。

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文696文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 囲碁は「国技」、日本棋院が定款変更 「伝統文化」内外に発信狙う

  2. 「口先だけの謝罪」足立区議へ残る批判 自民は幕引き図る LGBT差別的発言

  3. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  4. 米司法省、グーグルを独禁法違反で提訴 米メディア報道 MS以来20年ぶり大型訴訟

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです