ウニ

豊漁願い「供養祭」 瓶詰発祥の地・下関

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
関門海峡にウニを放流し、豊漁を願う参列者ら=山口県下関市の赤間神宮前で上村里花撮影
関門海峡にウニを放流し、豊漁を願う参列者ら=山口県下関市の赤間神宮前で上村里花撮影

 瓶詰ウニ発祥の地と言われる山口県下関市で、ウニに感謝し、来季の豊漁を祈願する「うに供養祭」が赤間神宮で開かれ、関係者ら約100人が参列した。

 市内のウニ加工会社7社でつくる県うに協同組合(中嶋豪理事長)の主催で、今年で59回目。

 供養祭では、神前に約500個のムラサキウニが供えられ、みこが神楽を奉納し、参列者が玉串をささげて豊漁…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文415文字)

あわせて読みたい

ニュース特集