特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

厚労省

介護事業所の利益率大幅低下 衆院選で公表延期

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省は26日、介護サービス事業ごとに利益率などを調べる介護事業経営実態調査(2017年度)の結果を公表した。利益率は全サービス平均3.3%で、前回調査(14年度)の7.8%から大幅に下がった。一般の民間企業(全体4.1%)より低いが、中小企業の2.6%を上回る水準。

 厚労省は、介護報酬改定で前回15年度がマイナスだったことや、人材不足に伴う人件費の増大が主な要因とみている。

 調査結果は18年度介護報酬改定の基礎資料。結果を受け、年末の予算編成に向け議論が本格化する。前回改定は2.27%と大幅マイナス。今回、利益率は低下したが黒字を確保していることから、財務省は報酬の引き下げを求める構えだ。

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文593文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る