メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州中銀

量的緩和策を縮小 国債購入額半減 来年から

 【フランクフルト三沢耕平】欧州中央銀行(ECB)は26日、フランクフルトで定例理事会を開き、国債を大量に購入する量的緩和策の規模を2018年1月から縮小することを決めた。購入額は現在の月600億ユーロの半額の月300億ユーロに減らす。実施期間は18年9月まで。長期にわたるユーロ圏の景気回復を受けた措置で、金融政策の正常化へかじを切った格好だ。

 世界の主要中銀では、米国やカナダがすでに利上げ局面に入っており、英国も11月にも利上げに踏み切る可…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文798文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. デートDV 経験10代女性の44% NPO広域調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです