メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州中銀

量的緩和策を縮小 国債購入額半減 来年から

 【フランクフルト三沢耕平】欧州中央銀行(ECB)は26日、フランクフルトで定例理事会を開き、国債を大量に購入する量的緩和策の規模を2018年1月から縮小することを決めた。購入額は現在の月600億ユーロの半額の月300億ユーロに減らす。実施期間は18年9月まで。長期にわたるユーロ圏の景気回復を受けた措置で、金融政策の正常化へかじを切った格好だ。

 世界の主要中銀では、米国やカナダがすでに利上げ局面に入っており、英国も11月にも利上げに踏み切る可…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文798文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

  2. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです