メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長時間労働

過労自殺医師の遺族 病院長らを告発 新潟

 新潟市民病院(新潟市中央区)の研修医、木元文(あや)さん(当時37歳)が過労自殺した問題を巡り、木元さんの夫は26日、同病院が木元さんの自殺後も医師らに時間外労働に関する労使協定(36協定)違反の残業をさせ続けたとして、片柳憲雄院長や市、篠田昭市長を労働基準法違反の疑いで新潟労働基準監督署に刑事告発した。

 告発状などによると木元さんは2016年1月に自殺。夫は同年8月に労災申請し、同病院に長時間労働の是…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文454文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. GSOMIA継続 方針転換に輸出管理巡る日韓対話合意

  5. GSOMIA失効回避も 日韓経済の回復遠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです