メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長時間労働

過労自殺医師の遺族 病院長らを告発 新潟

 新潟市民病院(新潟市中央区)の研修医、木元文(あや)さん(当時37歳)が過労自殺した問題を巡り、木元さんの夫は26日、同病院が木元さんの自殺後も医師らに時間外労働に関する労使協定(36協定)違反の残業をさせ続けたとして、片柳憲雄院長や市、篠田昭市長を労働基準法違反の疑いで新潟労働基準監督署に刑事告発した。

 告発状などによると木元さんは2016年1月に自殺。夫は同年8月に労災申請し、同病院に長時間労働の是正などを求めたが、院長らはそれを放置し、今年1~6月に延べ90人の医師に最大月177時間の残業をさせたとしている。

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文454文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつDVD販売手助けの疑い バナー広告集めたサイトの運営者逮捕 4800万円稼ぐ

  2. 東京で新たに481人の感染確認 2日連続で400人超 重症者は6人増60人に

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  5. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです