メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

窃盗

サケ腹割き卵被害続発 被害総額150万円 北海道

 サケの不漁に伴うイクラの高騰が続く産地の北海道で今月、養殖場の雌ザケの腹を刃物で割き、卵(イクラ)を盗み取る荒っぽい手口の窃盗事件が続発している。岩内町や八雲町に続き、函館市でも被害が確認され、これら3カ所の計300匹弱から180キロ超(総額約150万円)のイクラが消えた。

 函館市の「渡島管内さけ・ます増殖事業協会」管理の大船ふ化場によると、25日午前6時半ごろ、ふ化場を訪れた協会職員が近くの川に捨てられている96匹のサケの死骸を発見。いずれ…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文560文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 韓国、文大統領の支持率40%に下落 就任以降最低

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです