医療事故

薬誤投与で80代女性患者死亡 青森市民病院

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 青森市民病院(青森市勝田1)は26日、20代の女性看護師が、入院していた80代の女性患者に別の患者の薬を誤って服用させる医療事故があったと発表した。女性患者は20日後に心不全で死亡した。看護師が投薬に関する院内マニュアルにある患者の名前の確認を怠り、低血圧症の女性患者に血圧を下げる薬を飲ませたという。

 投薬ミスと死亡との因果関係について病院は「誤投薬が症状の悪化を招いた。(死亡の)主たる要因の一つ」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文389文字)

あわせて読みたい

注目の特集