メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大

iPS細胞から心筋 機能改善 病気のラットに移植

 超極細で繊維状の「ナノファイバー」を使って、ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から厚みのある心筋組織を作製することに成功したと京都大と大阪大の研究チームが発表した。ラットへの移植で心機能の改善を確認した。将来的に心筋梗塞(こうそく)の治療法への応用が期待できるという。論文が27日の米科学誌「ステム・セル・リポーツ」に掲載された。

 iPS細胞から心筋組織片を作る際、従来の培養皿を使う方法では、組織の厚みがなく、細胞がばらばらの方向を向くなど実際とは異なっているのが課題だった。そこで研究チームは、体内で分解される素材を使ったナノファイバーをiPS細胞と組み合わせ、厚みのある心筋細胞を培養。この方法で作製した組織片は、細胞が同じ方向を向く配列となり、体内の心筋組織と似た構造になった。細胞同士の連絡がよくなっているためとみられる…

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです