メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大

iPS細胞から心筋 機能改善 病気のラットに移植

 超極細で繊維状の「ナノファイバー」を使って、ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から厚みのある心筋組織を作製することに成功したと京都大と大阪大の研究チームが発表した。ラットへの移植で心機能の改善を確認した。将来的に心筋梗塞(こうそく)の治療法への応用が期待できるという。論文が27日の米科学誌「ステム・セル・リポーツ」に掲載された。

 iPS細胞から心筋組織片を作る際、従来の培養皿を使う方法では、組織の厚みがなく、細胞がばらばらの方…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文579文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 競泳・萩野公介、スペインでの高地合宿参加取りやめ
  2. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  3. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  4. VOICES 「知らされずに除染従事」 ベトナム人技能実習生、失意の帰国
  5. 人生相談 仕事で心配りできない人=回答者・光浦靖子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです