ドラフト

「ここから努力」中日指名の市西宮・山本

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
緊張した様子で会見する山本拓実投手=西宮市立西宮高校で2017年10月26日午後7時19分、山本愛撮影
緊張した様子で会見する山本拓実投手=西宮市立西宮高校で2017年10月26日午後7時19分、山本愛撮影

 プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議で中日ドラゴンズに6位指名された兵庫県西宮市立西宮高校の山本拓実投手(17)は「小さな頃からの夢がかなって幸せな気持ちでいっぱい。まだスタートライン。ここから努力して、一流のプロ野球選手になりたい」と抱負を語った。

 吉田俊介監督らと校長室で会議の中継を見守り、「名前を呼ばれてほっとしました」と振り返る。

 宝塚市出身で、私立の強豪校を倒してみたいと市西宮へ進んだ。甲子園出場こそないが、今春のセンバツ優勝校・大阪桐蔭を練習試合で七回まで3安打に抑え、今夏の兵庫大会は準々決勝で敗れはしたが、センバツ4強の報徳学園を延長十回1-2と追い詰めた。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文542文字)

あわせて読みたい

注目の特集