メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」上方芸能

キダ先生はモーツァルトがお嫌い!?の巻

キダ・タローさん(右)と桂南光さん=大阪市北区の毎日新聞大阪本社で2017年10月4日、望月亮一撮影

 「とれとれ ぴちぴち かに料理」。この文字列、関西人なら節を付けずに読む方が難しいのでは? 「浪花のモーツァルト」ことキダ・タローさんの作品は、CM曲から番組主題歌、歌謡曲まで、どれもつい口ずさんでしまうメロディーばかり。これまでに書いた曲は3000とも1万とも言われています。一級のユーモアも「キダ先生」が愛されるゆえん。旧知の間柄ながら、今回初めてその実像に迫った南光さんは、ちゃめっ気も健在の巨匠に、笑わせられっぱなしでした。【山田夢留】

 「作曲家としてすごいのは当たり前。私が一番興味あるのは先生のおしゃべりなんですよ」。南光さんがまず…

この記事は有料記事です。

残り1611文字(全文1884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  4. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

  5. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです