メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

涙の川を渡って

ロヒンギャの子供たち/下 不明の父、待ちわびて

難民キャンプでバケツやペットボトルを手に水くみに向かうモハマドちゃん(右)と姉のコルミナちゃん=バングラデシュ・コックスバザールで2017年10月14日、和田大典撮影

 「たくさん入れると重いよ」。肩を並べ、井戸へ続く坂道を下りる幼い姉弟に母親が声をかける。「ゆっくり運べば大丈夫」。そう答えた小さな背中の先は、竹とシートで作った仮設の小屋で埋め尽くされていた。

 バングラデシュ・コックスバザールの丘陵地帯。ミャンマーを追われた少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」の流入で…

この記事は有料記事です。

残り146文字(全文296文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです