メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カットバック

/244=今野敏 河野治彦・画

第三十一節(4)

 高平の代役は、すぐに用意された。芸能プロダクションは鵜の目鷹(う  たか)の目だ。チャンスがあれば見逃さない。おそらく監督のもとには、いろいろなプロダクションから売り込みが殺到したことだろう。

 今日は、朝からその新たに選ばれた出演者と、滝田彩香のシーンがあり、服部は舞い上がっていた。

 その様子を見て、静香がまたふくれっ面だ。こいつら、早くくっつくか、きっぱりと切れるか、どっちかにし…

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文800文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. モルディブ 野党連合のソリ氏、大統領に
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 教育の窓 ランドセルが重い 教材置いてっていいですか
  5. 「灯り路」 秋夜に浮かぶ中山道 柔らかな光楽しむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです