メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBT

「終活」相談 性同一性障害の僧、大阪に駆け込み寺

高野山の駐在布教で法話をする柴谷宗叔さん=本人提供

 性同一性障害の僧侶、柴谷宗叔(しばたにそうしゅく)さん(63)が、性的少数者(LGBTなど)のための寺「性善(しょうぜん)寺」を来年度中に大阪府寝屋川市に建立しようと準備を進めている。仏教の勉強のため、51歳で会社を辞めるまでカミングアウトできず、苦しんだ経験を持つ柴谷さん。子供を持たず、老後に不安を抱えることも少なくない性的少数者の「終活」相談など「LGBTの駆け込み寺」を目指す。【篠崎真理子】

 柴谷さんは男性として生まれたが、心の性は女性のため、男らしい振る舞いが苦手だった。新聞記者として活…

この記事は有料記事です。

残り738文字(全文989文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 個の力に頼らない強さ 大阪桐蔭
  4. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田
  5. 台風20号 あす西日本接近

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです